キッチン収納・食器棚・カップボード

シェフモ

特長

上下に収納が分かれているので、カウンターの上で盛り付けをしたり、よく使うキッチン家電を置いたり、
使いやすさを重視したシェフモは、毎日の料理や片付けがはかどります。

選べる2つのカウンタープラン

使い勝手やスペースに合わせた豊富なプランをラインナップ。
夫婦で一緒に、親子で楽しく、手際よく調理できる作業カウンタープラン、収納量重視のハイカウンタープランからお選びください。

作業カウンタープラン

作業しやすい高さ(床上から830mm〜)にプランニングした作業カウンタープラン。上部収納の奥行を295mm、下部収納を445mmに設定することで、圧迫感を軽減しつつ、作業のしやすさと十分な収納量を確保できます。

ハイカウンタープラン

よく調理家電を使う方におすすめのハイカウンタープラン。使いやすい高さの収納に加え、炊飯器などスライドテーブルに置く調理家電も腰をかがめずに使える高さ(床上から1150mm〜)に設計したプランです。

限られたスペースでも無駄なくしっかり収納を確保

間口調整が可能なので限られたスペースにも設置でき、空間の有効活用ができます。
壁に挟まれたスペースでも棚板をカットすることで間口調整ができます。

床から浮いたフロートタイプ

床から浮いているので掃除も楽々。ロボット掃除機も
自由に動き回れます。

両側の壁がなくても設置可能

背壁で固定するタイプのシステム収納。
片側もしくは両側に壁がなくても設置することが
できます。

冷蔵庫上も収納スペースに

使用頻度が少ない鍋などの調理器具を置くことで
デッドスペースを有効活用できます。

窓をよけて設置可能

上部ユニットと下部ユニットの間に窓の取り付けが
可能です。 換気はもちろん、手元が明るくなり
調理作業がはかどります。

他にもたくさんの施工例を見たい!
ギャラリーページはこちらから